モッチスキン 泡立て

モッチスキンと通常の洗顔フォームではどれだけ違いがあるのか?泡立て時間対決!

 

もっちもちの濃密な伸びる泡が人気のモッチスキン。

 

なんとワンプッシュで泡が出てくるという優れものです。

 

育児や働く女性にとって、洗顔料を泡立てる時間って意外に手間がかかって面倒なものですよね。

 

ここではモッチスキンと通常の洗顔フォームの泡立て時間を比べてみました。

 

私たちが普段当たり前のようにしている泡立て時間を再認識してみましょう。

 

 

モッチスキンの場合

 

簡単すぎて説明するまでもないと思うのですが、念のため…。

 

モッチスキン泡立て時間

 

モッチスキンの泡立て時間はゼロ!といってもいいのではないでしょうか。

 

なんといってもプシューッと一吹きで、濃密なもちもちの泡が出てきます。

 

泡で出てくるタイプの洗顔料って今までもたくさん販売されていますが、泡が流れやすかったり、つぶれやすかったりしていましたよね。

 

モッチスキンはそんな泡タイプの洗顔料のイメージを覆すほどの濃密な泡!こんな泡がワンプッシュで出てくるなんて、時間を1秒でも無駄にしたくない朝などは本当にありがたいものではないでしょうか。

 

 

通常の洗顔料の場合

 

ここではモッチスキンとの比較をわかりやすくするために、実際に一般的な洗顔フォームをネットで泡立ててみました。

 

@まずはネットに洗顔フォームをだします。

 

モッチスキン泡立て時間

 

 

A水を少し足して泡立て開始!

 

モッチスキン泡立て時間

 

中々泡立ちません…。更に水を足して、洗顔フォームも追加しました。

 

 

Bまだまだ泡立て中…

 

モッチスキン泡立て時間

 

だいぶ泡が立ってきましたが、まだまだですね。少し手が疲れてきました。

 

 

Cやっと泡立て完了!

 

モッチスキン泡立て時間

 

何度か水を足したり洗顔フォームを足したりを繰り返しました。

 

一生懸命泡立てている途中で泡が洗面所に落ちてしまったり…もったいないです…。

 

この時点で時間はどのくらい経っているのでしょう…iPhoneでタイマーをかけていたのでチェックします。

 

モッチスキン泡立て時間

 

結構時間がかかってしまいました。写真を撮っていた時間も含まれているので泡を立てていた時間は実質3分ほどでしょうか。

 

これは朝の忙しい時には惜しい時間ですよね。

 

モッチスキン泡立て時間

 

下を向けてみると、せっかく泡立てた泡が落ちてしまいそうに!

 

頑張って泡立てたつもりなんですが、水っぽくてサラサラに近い泡しかできませんでした。

 

これだと洗顔をしても泡のチカラが弱くて指が直接肌にあたってしまいます…。

 

一生懸命頑張って泡立てたのに残念な結果となりました。

 

 

時間の差は歴然だった!

 

今回泡立てにかかった時間は約3分(180秒)。

 

これを朝晩と2回する事を考えると…

 

320(秒)×365(日)=116800秒!時間に換算すると…約32時間!ものすごい時間を泡立ての時間に使っている計算に…。

 

普段あまり考えずに一生懸命泡を立てていましたが、これって時間の無駄ですよね…。

 

 

モッチスキンはワンプッシュですぐにモチモチの泡が出てくることを考えるとコスパだけではなく時間の節約にもなっているのではないでしょうか。

 

時は金なり、と昔から言われているように、普段の生活の中でムダな時間はなるべく短縮していきたいですよね。

 

ワンプッシュで濃密な泡が完成、そしてもっちもちの泡で洗顔する事で肌への刺激も少なく、そして酵素のパワーでしっかりと毛穴の汚れも取り除いてくれるモッチスキン。

 

忙しい女性のミカタになること間違いなしだと思います!

 

 

 

おすすめリンク

LUNAS PLACARE EQ SOAPモッチスキンと通常の石鹸の違いは歴然ですが、LUNAS PLACARE EQ SOAPは違います。汚れをやさしく落としながら美しい肌へ導いてくれる有望なソープで私もこれはイチオシ!

モッチスキントップ記事


モッチスキン画像

モッチスキン詳細記事

モッチスキン徹底検証します。吸着泡洗顔の毛穴ケアアイテムは使い方簡単でニキビにも効果が?と口コミでも話題に。また楽天やAmazon、各店舗よりも、お得な値段の販売店も紹介。